塩谷広域行政組合

塩谷広域行政組合の公式サイトです

文字の大きさ

塩谷地区の概要

塩谷地区は、栃木県の中央部よりやや北部に位置し、矢板市、さくら市、塩谷町、高根沢町の2市2町によって構成されています。南北に長いひし形をしており、総面積は543.02㎢で県土の8.47%を占めています。

北は日光国立公園を背景とする雄大な高原山系に面し、西に北部山岳地帯より源を発する鬼怒川、東に箒川の清流等の大小河川と緑豊かな森林などの自然環境に恵まれ、南部には平坦な田園地帯が広がり、平野部と山間部がバランスよく存在しています。

また、首都から100㎞~150㎞の圏内にあり、交通網については、主な幹線高速交通ネットワークとして、東北新幹線、東北自動車道があり、一般国道が3路線(4号、293号、461号)整備されています。鉄道網についても、JR宇都宮線及びJR烏山線が整備され、特に首都圏や東北圏への交通アクセスに恵まれています。

圏域の概要

(令和2年4月1日現在)

  人口(人) 面積(㎢) 市(町)の花 市(町)の木 市(町)の鳥
矢板市

31,354

170.46

レンゲツツジ

ナツツバキ

キジバト

さくら市

44,553

125.63

セキレイ

塩谷町

10,395

176.06

ヤマユリ

ヒノキ

ヤマセミ

高根沢町

29,175

70.87

アヤメ

イチョウ

ヒバリ

投稿日:2018年12月19日 更新日: